CORESERVER(コアサーバー) V2の自動バックアップで保存されないファイル

[2021/10/4 サポートから対象外一覧をいただいたので追記]

CORESERVER(コアサーバー) V2 プランには無料で自動バックのサービスが提供されており、CORE-X プランだと1日1回、3世代である。(もう少し欲しいが)
バックアップ対象と注意事項の記載は以下のとおりで、実際に使ってみて対象外となっているファイルがあることに気がついたのでメモしておきます。

公式サイト 「バックアップについて」からの説明引用

<対象データ>

  • サーバー領域データ(Web・メールデータ)
  • データベース(MySQL / PostgreSQL) ※V2にPostgreSQLはない

<注意事項>

  • バックアップ処理は、深夜から早朝にかけて実行されますが、状況によって数時間前後する場合がございます。 
  • バックアップデータの完全性、正確性、有用性等を保証するものではありません。 
  • データの保全のため、お客さまご自身でもバックアップをお願いいたします。

実際に使ってみての補足事項は以下のとおり。

  • “サーバ領域データ”とは自分のホーム以下のファイルのこと
    公開しているWeb領域だけではなく、ログインしてコンパイル・インストールしたツールや作業に使ったファイルなど諸々である
  • (おそらく)除外設定がされており、ファイルすべてが保存されるわけではない
    以下のディレクトリがバックアップされていなかった。他に対象外があるのかどうか確認とサポート問い合わせを行う予定
~/domains/*/logs/*
~/tmp/*

【2021/10/4 追記】
サポート問い合わせから入手した情報は以下のとおり。(V2では関係なさそうなものもありますので共有設定なのかもしれません)
2021/10/4 時点の情報であり今後もこのままである保証はないことは注意。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*.bkup
*.gz
*.jpa
*.log
*.sql
*.tar
*.tar.gz
*.wpress
*.zip
*/.wysiwygPro_*
*/backupbuddy_backups/*
*/cache/smarty/*
*/com_akeeba/backup/*
*/core.[0-9]*
*/error_log
*/var/amasty_fpc/*
*/var/backups/*
*/var/cache/*
*/var/debug/*
*/var/export/*
*/var/import/*
*/var/log/*
*/var/report/*
*/var/session/*
*/var/tmp/*
*/wp-content/cache/*
*/wp-content/uploads/wpcf7_captcha/*
*/wp-content/widget-cache/*
*/wptsc-cachedir/*
.MirrorSearch
.cpanel/*.sock
access-logs/*
backup-*.tar.gz
logs/*
public_ftp/*
public_html/cache/*
site-*.tar.gz
softaculous_backups/*
tmp/*
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

公式サイトのバックアップ復元についての説明は、申込みを検討している人にはやや誤解を招く内容となっている。

復元を申し込んで対応してもらうように読めるが、V2プランの場合にはツール(JetBackup)で何日のどのファイルを復元、または、手元にダウンロードするか選択でき柔軟に処理することができる。リンク先までたどって、よく読むとわかるけど。。。。

どうしても大事なデータは自動バックアップでカバーされているかの確認と、自力での保存を考えたほうが良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください