MacのSequel AceでCORESERVER(コアサーバー) V2のDBへSSH接続する

Mac用のDB操作ツールであるSequel Aceをつかってレンタルサーバーのデータベースへ接続するための設定です。CORESERVER(コアサーバー)以外でもSSH接続が許可されているならば可能です。sshでログインできるところまでは設定しておいてください。V2プランは鍵ファイルが必須なので若干ハードル高いですが公式にも説明ありますのでなんとかしてください。(teratermの例しかないですが)

続きを読む MacのSequel AceでCORESERVER(コアサーバー) V2のDBへSSH接続する

CORSERVER(コアサーバー) V2 へ運用中サイトを無料SSLもあわせて引っ越す方法

ドメインを作成して新しく無料SSLを設定するのはマニュアルなどの説明どおりに簡単にできるが、既存サイトの引っ越しでは一時的にでもSSLなしの状態で公開はしたくないし、SSL前提のサイトの場合には、サーバ切り替え(IPアドレスの切り替え)までに新サーバ側でもSSL設定して動作確認をすませる必要があるので、その手順のメモです。

続きを読む CORSERVER(コアサーバー) V2 へ運用中サイトを無料SSLもあわせて引っ越す方法

CORESERVER (コアサーバー) V1 と V2 と さくらのレンタルサーバを比較

Buy Server Online

[2021/10/2 REMOTE_ADDRについて追記]

無料トライアルを使って CORESERVER の V1 と V2 を確認したメモ。
公式ページに載っているようなのは省略して、自分の知りたいことを中心に調査、記載。
さくらのレンタルサーバは契約中のスタンダードプランの情報を参考に記載。(2018年にPHPモジュール対応サーバへ乗り換え)

言うまでもないが、以下は2021/9月現在の情報であり、仕様変更、割り当てられたサーバにより状況が異なる可能性がある。また、CORESERVERは無料お試し期間での調査内容で、お試し中はリソース制限ありとの説明もあった。

続きを読む CORESERVER (コアサーバー) V1 と V2 と さくらのレンタルサーバを比較

5年ぶりの投稿。そして、レンタルサーバー引っ越し検討中

P1010038

もう随分昔に Perl5 + テキストファイル(No database!!) で作っていた自分用のサービスをメンテする必要があり、ちょっと新しいことをしたくなったので Laravel8(PHP)+ MySQL で作り直しました。

それをきっかけにレンタルサーバの引っ越しとかも色々考え始めたので、投稿してみようかなと思った次第。ほんと気まぐれ。
投稿画面を開くのは久しぶりで、このブロックエディターに戸惑っている。


さくらのレンタルサーバとは2004年からの付き合いで、大きなトラブルも不満もなかったのですが、インストールされている openssl が、1.0.2o と古く、perl や php から利用する HttpClient が TLS 1.3 に対応できていないという状態で新しいのを利用したい状況となり引っ越しを考えました。(TLS 1.2 以下を排除しているサイトとどうしても通信がしたい。実はそのサイトの設定ミスなんじゃないかとも思ったり…)

引越し先は費用対効果とドメイン管理をValue Domainにしているということもありコアサーバーにしようかと評価中。概ね良好。ドメインをひとつ無料にできるのも良い。
V2プランのCORE-Xを評価中で、V1のメリットもありそっちも試用中。

また情報がまとまったら投稿したいと思います!

さくらの開始時期を調べるついでに持っているドメインの最古を確認したら、1999年2月だった。古いね! 海外に直接申し込んでかつWhoisはリアル住所だったなぁ (-_-)

[2021/10/1 追記 コアサーバー V2 契約しました]