MacのSequel AceでCORESERVER(コアサーバー) V2のDBへSSH接続する

Mac用のDB操作ツールであるSequel Aceをつかってレンタルサーバーのデータベースへ接続するための設定です。CORESERVER(コアサーバー)以外でもSSH接続が許可されているならば可能です。sshでログインできるところまでは設定しておいてください。V2プランは鍵ファイルが必須なので若干ハードル高いですが公式にも説明ありますのでなんとかしてください。(teratermの例しかないですが)

Sequel Ace接続設定

SSH接続のタブを選んで、上半分は作成したDBの情報を入力します。Hostはlocalhostで良いです。(さくらの場合には指定されたDBサーバ名となります)

次に下半分のSSHの設定です。SSH Hostは契約サーバ名、Userはログインアカウント、Keyはプライベートキーです。(~/ssh/xxxxxxxxxxx_rsa とかでしょうか)

この辺でディレクトリを指定するときにMacからファイルやフォルダへのアクセス許可を求められるので許可してください。

SequelAceメニューからPreferences…画面を開いて、~/.ssh/configを指定してください。Known Hostsは私の場合は空で良かったですが、必要なら~/.ssh/known_hostsを指定でしょうか(不明)

隣の”ファイル”タブで、許可済みのファイル、フォルダが確認できます。追加も削除もできます。

これでSSH経由でのDB操作が可能になります。csvに落としたり、importしたり自由にしてください。phpMyAdminよりはるかに生産性高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください