YouTubeの動画を高画質でDVDへ保存とか

ちょっと必要だったので、調べった結果の自分的なメモ。

DVD

まず、DVDおさらい。本当にざくっと以下のとおり。

DVD (NTSC)
映像コーデックMPEG-2
アスペクト比4:316:9
解像度720×480
最大レート約9.8Mbps
音声コーデックPCM(非圧縮)AC3(圧縮)
サンプリング周波数48kHz/96kHz48kHz
量子化ビット16bit/20bit/24bit16bit
最大レート6.144Mbps448kbps

YouTube

YouTubeの動画データについて現在は以下のとおり。WikiPedia(Youtube)抜粋。

YouTube動画比較
360p480p720p1080p4k2k
fmtキーの値無し
34と同じ
1835223738
コンテナFLVMP4FLVMP4
映像コーデックMPEG-4 AVC(H.264)
アスペクト比4:316:9
最大解像度640×480480×360854×4801280×7201920×10804096×2304
音声コーデックAAC
チャンネル数2
サンプリング周波数44.1kHz

YouTubeダウンロード

これはいろいろなサイトで紹介されているが、個人的にはYouTube HD Suiteで解像度ごとのダウンロードリンクを出して落とせば良いと思う。DVDに保存する前提であれば、480p(fmt=35)以上であれば理論的には劣化が少ないということになる。劣化が少ないというのは解像度が高い場合にはエンコーダーがどうダウングレードするのかによるところが多いため。
ちなみに最新版は以下の環境で動作する。

  • Firefox3系 + Greasemonkey
  • Safari4系 + GreaseKit
  • Google Chrome5系

あと大量に落とす場合にはダウンローダーと組み合わせるといい。Windows限定だが個人的には Irvine で満足している。

FLV→MP4変換

このあとDVDへ変換していくわけですが、FLVフォーマット(fmt=35)の動画を直接扱えないソフトがFLVを使用したい場合で、MP4は扱えるようであれば、SUPER©で変換します。
VIDEOとAUDIOのStream Copyをチェックしてエンコードを実行すれば、再エンコードはせずに形式変換だけになるので超高速です。

これで私的メモは終りになります。以下はおまけです。

DVD作成

私はNero Visionという市販ソフトでDVDを作成します。動画のチャプターやつなぎ調整など細かくできるので愛用しています。
手っ取り早くやりたい時にはフリーソフトの DVD Flick も使用します。こちらはサイズが揃っていないと実行してくれなかったりすることがありますので注意が必要です。丁寧に解説したサイトが他にありますのでそちらを参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください