CORESERVER(コアサーバー) V2はIPv6対応だけど注意が必要

Network

コアサーバーV2プランはIPv6に対応していますので、クライアントがIPv6で接続してきた場合には当然リモート元のアドレス情報がIPv6形式になります。その場合アクセスログの記録などもIPv6で保存されています。
IPv6はほとんど逆引きができないので、逆引きが趣味でアクセスログみてニヤニヤしている人にとってはちょっと残念なことも。。。

続きを読む CORESERVER(コアサーバー) V2はIPv6対応だけど注意が必要