Mashup Awards 6 で賞をいただきました!


前のポストで マッシュアップアワード6 (MA6) にエントリーしたことはご報告しましたが、な、なんと #532 Group Board で「なかじまんソフトウェア賞」をいただきました!

本当にうれしくて授賞式招待のメールをいただいたときにはニヤニヤがとまりませんでしたが、
実際に当日現地に行くと本当に賞をいただけるのかと、ノミネートしただけかもと不安もよぎるくらい多くの出席者がいてあせりもしました。

応募作品のページをみていただくと分かるのですが、今回は Google Apps 上で動く OpenSocial Pages というなかじまんソフトウェアさんのフレームワーク上で動くアプリを出品しました。(なんかややこしい)

そして、以下、選考理由・コメント

職場のアンケートという具体的なニーズを題材として、Google Apps 上の従業員のコラボレーションを促進しつつ、業務上のワークフローを実現しようとしたアイディアと、さらに iPhone を中心としたスマートフォンに特化して開発したことなどから OpenSocial Pages をよく理解して、その特徴を活かしてくれた点を高く評価しました。

OpenSocial というと iGoogle をはじめ、mixi プラットフォームも対象が PC であることがほとんですし、友達情報はマイミクだったりと不特定です。
OpenSocial Pages ははじめからスマートフォンを強く意識されており、そこを強調していたので iPhone 専用と位置付けてサービスを組み上げることができましたし、対象を Google Apps のユーザに絞ることができるのでグループウェアを簡単に構築できます。
まじ、本当に狙ったとおりに評価していただけて開発者冥利につきるコメントです。

以下の2つのイベントでのなかじまんさんのプレゼンを研究し尽くした(ウソ)が今回の受賞にいたった最大の勝因ではないでしょうか。

appengine ja night #10 Google AppEngine で作る Google Apps Marketplace 対応サービス

OpenSocial Pages との最初の出会いは appengine ja night #10 でのなかじまんさんのプレゼンです。

Google Apps をSocial にするOpenSocialPages (;゜○゜) お願いですから応募してください

そして、極めつけは Mashup Caravan#3 -SocialPlatform Talks- でのプレゼンです。
正直、笑ってしまいましたが OpenSocial Pages をその日にインストールしました。

このポストを読まれたみなさまは、なんてセコイやつかと思うかもしれませんが、いろいろな思惑がうまく噛み合ったということで。。。。
職場で活用させていただきますので。

そして最後に当日夜に自分でツイートしたこと。

@hkzo Dec 05, 12:08am
今回で一番思ったことは、とにかく世に出す事がだいじってこと。納得できる出来ではなく恥ずかしい部分も多い。それでも評価いただいた。いつまで待てば納得できるのか?永遠のβ版でどんどん改善すればいいじゃないかと。今ごろ実感した。時にはあれこれ考えないのも大事!

これは時間ギリギリに応募して、応募後にも微調整してと、出来栄えに対する言い訳でしかなく、実際、作りたかった機能の6割くらいしか実装できなかったんですが、今までの自分だったらあきらめて応募しなかったというケースだったんです。
でも、ここでやめたらそれっきりかなと思ってハードコーディングしまくりでとても見せられる状態じゃないけどエントリーしました。
で、あとで思ったのが先のツイート「時にはあれこれ考えないのも大事!」ってこと。
そういう意味では審査していただいて選んでいただいて本当に感謝しています。

もうひとつ。モチベーションは部下、同僚、妻子に何か形にして残しておきたかったってのもあります。
なにかやっているじゃなくて作品として形にしておきたかったと。
結果もついてきてほんとうによかった。

あっ。副賞は dyson air multiplier AM01 でした。
羽のない扇風機といえばわかりますね。
しかし、今、この季節なぜこれなのかはちょっと疑問でしたw
自宅用にするか会社用にするか悩み中。

次回 MA7 も参加したいと思います。

当日のレポート

いろいろなメディアで紹介されています。

おまけは広瀬香美さんの写真。

広瀬香美さんの生歌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。