mixiアプリで各種APIから取得できる情報のルール

mixi本社に潜入してきた」で書いた内容の一部が正式に公開されましたね。

各種APIから取得できる情報のルールに関するご案内

できること、できないことがまとめられていますのでしっかり読みましょう。

mixiアプリ説明会でも述べられていましたが、OwnerとViewerの違いインストールの有無を正しく把握しておく必要があります。

ちなみに対象となる情報に関して引用すると以下とのこと。ストレートに読むとコミュニティ情報の取得に関してはパーミッションモデルの適用外ということになる。

パーミッションモデルによる制限の対象となる情報は、以下となります。これらの情報について、全て持ち主となるユーザーが存在します。

  • ユーザーの基本情報(Person & Friends API)
    (ニックネーム、プロフィールURL、プロフィール画像URL、血液型)
  • ユーザーのプロフィール情報(Person & Friends API)
    (現住所、年齢、生年月日、性別)
  • ユーザーのマイミク一覧情報(Person & Friends API)
  • 永続化情報(Persistence API)

mixiアドプログラムについて

アドプログラムについての詳細はまだ未掲載ですが FAQ において、概観がつかめるようになっています。
アプリ開発者にPVに応じ広告収益を分配する仕組みですので、注目しておく必要がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。