ハードディスク交換準備完了

6/15 に「FAILED SMART self-check. BACK UP DATA NOW!」で HDD 不調をお伝えしましたが、いよいよもってダメ確定。

kernel: hda: dma_timer_expiry: dma status == 0x20
kernel: hda: DMA timeout retry
kernel: hda: timeout waiting for DMA
kernel: hda: status timeout: status=0xd0 { Busy }
kernel: ide: failed opcode was: unknown
kernel: hda: drive not ready for command

とか、言い始めやがった。

SMART では Spin_Retry_Count が In_the_past とかなってる。
解説は「smartctlコマンドで表示される属性(Attribute)について」(ttt さん) あたりで念のため確認。
交換用のHDDを頼んでいたのだが早速使う羽目になるとは。

ちなみに昨日の昼に注文して、今日到着。はやっ
今週末に交換作業する予定。
HDD は HGST Travelstar E5K160 (HTE541680J9AT00) にしました。
普通のノート用の HDD なんて連続運転は想定してないが、これは「可用性の向上で連続稼動に対応した主流記憶容量のHDD」との売りにひかれました。
さて、あとは換装作業が・・・
ま、これも楽しみのひとつか。

サイトマップ sitemap.xml の更新は1日1回

さくらのブログ設定のヘルプにも書いてあるとおり、1日1回更新されますが、では「いったいいつ?」と思ったので観測してみた。

このブログの場合には大体 9:00~9:30 の間でした。
記事投稿する場合には 9:00 までにすることにしよう。

ちなみに google はウェブマスターツールから指示を出すと 30 分以内には取得してくれているようです。(インデックスに反映されるかどうかはまた別)
Y!、bing は1週間くらい放置されますね。
ちなみついでに google の仕様では「複数のサイトのサイトマップを管理」にあるとおり、sitemap.xml に複数サイトの情報を載せて良いようなので、さくらのブログとは別の自分のコントロールできるサーバで sitemap.xml を生成して読ませることができるっぽいです。もちろん、その別サーバのサイトもウェブマスターツールに登録しておく必要があります。

サイトマップの更新を伝える仕組みもあるので、スクリプトなどを組めば1日複数回の更新&通知も可能ですね。
ただ、「ガイドライン」の URL の説明を読むとダメにも読める。どっち?
と、いろいろ書きましたが、sitemap.xml にはこだわらなくて良いと思う今日この頃。
sitemap.xml は通常のクロールで見つけてくれないリンクを伝える程度に思っておいたほうが良いようです。

販売再開するもNTTドコモがダメすぎる件

NTTドコモがダメすぎる件」で書いた不具合を放置して販売再開した模様。

で、対応はというと不具合のある JavaScript を無効にしましたということらしい。

ockeghemさんとことの日記を見ると docomo の切羽詰まったあわってぷりが良く分かる。

で、何がダメすぎるかっていうと、、、

ソフトウェア更新未適用端末がiモードへ接続できないようにした背景として、ドコモでは「たとえばiモード公式の有料サイトへアクセスすると、課金登録をしていなくてもコンテンツを利用できる可能性があった」としている。

もう開いた口がふさがらない。
まぁ悪用されるからかもしれないからかもしれませんが、事後でも説明があるべきだと思うな。

ちなみにシュミレータがエラーになるのとは関係ないかな