日本Springユーザ会, 日本Grails/Groovyユーザーグループ共催の勉強会

6月24日(水) 18:30~21:00
日本Springユーザ会, 日本Grails/Groovyユーザーグループ共催の勉強会」(第1回JSUG+JGGUG合同勉強会)
ORACLEさんの青山センターにて、Spring+Groovy/Grailsの勉強会をします。ぜひぜひ、ご参加くださいませとのこと。
以下、ほとんどそのまま転載。
http://www.springframework.jp/

18:30~18:35 オープニング「やっぱりWebLogic!とSpring」佐々木さん(日本Oracle)

WebLogic使うなら、やっぱりSpring使うでしょう。

18:35~19:00 「こんぴろの!Rodから聞いたことを話すぜ」 近藤さん(チェンジビジョン)

先日国内でおこなわれたQConでのRodさんの講演と、Rodさんへのインタビュー。
Spring用のベストなEclipse開発環境の作成を目指す SpringTool Suiteを動かしてみての感想の3本立て。

19:00~19:50「企業システムで使える!Spring Frameworkによる設定/ログ管理」ゆーすけさん

昨今、内部統制要件やセキュリティ意識の高まりとともに、設定やログの管理が複雑化しています。特に開発環境から本番環境など、環境ごとの設定手法や値の変更などは、めんどうな処理です。これらを管理するのにSpring
Frameworkは大きな力を発揮します。
セッションでは、Maven2との組み合わせによる設定管理手法や、ロギングの切り替え方法などを中心に、企業システムで使える便利なテクニックを紹介します。

19:50~20:50タイトル「GrailsでSpringをGroovyにしよう!」山本さん (ニューキャスト)

Grails Spring Bean Builderの解説。

21:00~23:00 懇親会。

近所の飲み屋で。ワリカン。

行きたいけどいけない輦のでここで紹介。多くの人に参加してもらいたいです。

meta description を記述しないでみる

seesaa ブログやさくらのブログの meta description は固定の内容になるので、テンプレートをカスタマイズして「記事タイトル」を含めるようにしてみたりしていますが、機能の上、記事本文からの要約作成は自動ではできない模様。

そこで、あえて meta description を出力しないようにしてみて、Google様がどのような要約を抽出してくれるか、この記事のクロール結果で考察してみようと思います。

ちなみに昨日のエントリは以下のように登録されました。

BeanUtils WrapDynaBean クラスのシリアライズ問題 – あっきぃてきとう日記
2009年6月10日 … 「BeanUtils WrapDynaBean クラスのシリアライズ問題」~思いのままに歩くよう
な速さで徒然なるままに~SE(ITアーキテクト)あっきぃが日々考えていること、やりたいこと、やったこ
となどを Java, Linux, Oracle の話題を中心に綴った …
aktech.sblo.jp/article/29719226.html – 15時間前 – 類似ページ –

「記事タイトル」+「固定文字列」となっています。
このHTMLを以下のようにカスタマイズしみました。

<title><% if:page_name eq ‘archive’ -%>過去ログ – <% /if %><% if:page_name eq ‘category’ -%><% category_name %> – <% /if -%><% if:extra_title %><% extra_title %> – <% /if %><% blog.title %></title>
<% if:page_name ne ‘article’ -%>
<meta name=”description” content=”<% if:page_name eq ‘index’ -%>ブログトップ。<% /if -%><% if:page_name eq ‘archive’ -%>過去ログ。<% /if -%><% if:extra_title %>「<% extra_title %>」<% /if %><% blog.description | nl2br | tag_strip %>” />
<% /if -%>

ページが article のときは meta タグを出力しないようにしています。
ついでに title タグの表示内容を加工しています。
公開するといろいろ気になったり欲が出てきますね。